日本酒を通販で頼むのに便利なサイトの見つけ方

ネット通販を利用する方が多くなった現在では、日本酒も通販で買う事が可能になっています。数量限定の日本酒などを現地に購入しに行っていては旅費もかかり、とても高くなってしまいます。自分で晩酌用として様々な日本酒を楽しみたい場合や、お祝いの席などで珍しい日本酒をプレゼントしたいなどお酒を準備する場面は様々です。ネット通販で購入する場合、信頼のおける酒屋さんから購入する事がとても大切です。美味しい日本酒と出会うコツは品質管理と選定力がポイントになります。日本酒は製造のタイミングまではとても美味しい状態であったとしても、流通を通して劣化する場合もあります。これは日本酒が紫外線や温度変化に弱いのが原因です。これからの事を踏まえ、素人が数ある銘酒の中から選ぶのは大変な為、専門家の目利きが重要になります。その為、通販で日本酒を購入したいのであれば酒屋さんから購入するのがオススメです。

日本酒を通販で購入する前に香りや味わいを知り自分の好みを探しましょう

日本酒には様々な種類がありますが、香りと味わいで4タイプに分類する事ができます。吟醸酒系や大吟醸酒系は香りが高いため薫酒に分類されます。薫酒は香りが高く味が淡い傾向にあります。長期熟成された古酒系は熟酒とされます。こちらは薫酒同様、香りが高いのですが、味が濃くなります。純米酒などのコクのあるものは醇酒とされ、味は熟酒同様、濃い傾向にありますが、香りは低くなります。生酒系や普通酒系はなめらかで軽快である事から爽酒とされます。こちらは香りが低く味も淡い傾向にあります。通販で買う場合など、実際に試飲ができない為、このような分類を参考にし、分からない事があれば販売元に問い合わせをするとより、正確に購入できます。また、料理によっても相性の良さがあります。甘い味付けの料理は甘口の日本酒と相性が良く、塩味の強い料理には辛口タイプが合うとされます。脂っこい料理の場合は淡麗や熟成タイプがオススメです。

日本酒を通販で購入した後の飲み方などをご紹介します。

日本酒には果物のような華やかな味わいのものから、うま味が体中に染み渡るような味わいのものまで様々な風味が味わえます。冷やして飲んだり、人肌に温めたりと温度によっても味わいが変わる為、楽しみ方も様々です。吟醸酒や純米酒などの種類の他に秋ごろにはひやおろしという種類も見かけます。日本酒にも旬があり、新酒は冬から春にかけて楽しめますし、新酒が出る頃には、酒の中にもろみの残るにごり酒も多く出荷されています。日本酒には飲用温度が5℃から60℃と幅が広いのが特徴で、冷酒や燗酒、常温などの様々な温度で楽しむ事ができます。純米酒や原酒、生酒などはグラスに大きめな氷を入れて焼酎やウイスキーの様に少しずつ氷を溶かしながらロックとして飲む方法もあります。自分の好みもありますが、種類によって冷やしに向いていたり熱燗に向いているなどありますので、通販で購入する先の酒屋さんに尋ねるのをオススメします。